妊娠

妊婦健診の流れ

妊娠健診で行うこと

  1. 体重の測定
  2. 血圧測定
  3. 尿検査
  4. 超音波検査を行います。

必要に応じて内診やその他の検査を行います。
H25年4月より腹囲と子宮底長の測定は行っておりません。
当院での妊婦健診料は4000円です(超音波検査を含む)。

妊婦健診の流れ

                                      
時期 内容
妊娠4~5週頃 子宮の中に妊娠しているか確認します(経腟超音波)。
妊娠6~7週頃 予定の月経から2週間ぐらい遅れた時期です。
赤ちゃんの心臓の動きがみえるか確認します(経腟超音波)。
妊娠8週頃 赤ちゃんが順調に育っているか確認します(経腟超音波)。
この頃(妊娠8週~12週)になると分娩の予定日を決めることができます。
妊娠8~10週頃 妊娠初期検査を行います(血液検査+子宮頸がん検査)。
2週間後に妊娠初期検査の結果を確認します。
健診は4週間毎となります。
妊娠20週頃 新生児の結膜炎の原因となるクラミジアの検査を行います。
この時期に産科医療補償制度の登録を行います。
妊娠22週まで 当院での分娩を希望される方には、分娩申し込みをしていただいております。分娩申込書にサインをしていただき、申し込み金として6万円を納めていただいております。申し込み金は分娩時の入院費の一部とさせていただいております。
妊娠24週以降 2週間毎の健診となります。
妊娠24~26週 妊娠中期検査を行います(血液検査:1時間かかります)。
妊娠35~36週 細菌(B群溶連菌)の検査を行います。
妊娠36週以降 1週間毎の健診となります。
妊娠37週頃 貧血の検査と胎児心拍モニターを行います。
妊娠40週以降 週2回の健診となります。毎回胎児心拍モニターを行います。

関連するよくある質問