妊娠

3D/4D超音波検査

3D/4D超音波検査

長当院では妊婦健診時に毎回超音波検査を行っております。
妊娠12週以降からは健診時に3D/4D超音波を行っており録画をすることが可能です。

3D/4D超音波検査とは?

4D超音波とは、おなかの赤ちゃんを立体的に画像に映し出す超音波です。料金は妊婦健診料に含まれております。

3D/4D超音波検査の録画について

当院ではオンライン動画システムを導入しており、健診終了後からログイン専用ページで診察券番号・生年月日を入力して頂きますとパソコン・スマートフォン・タブレットからインターネットで録画した動画を見る事ができます。
またSDカードへの録画も可能です。ご希望の方は診察前に当院受付にて専用SDカードをご購入頂き、健診時に毎回お持ち下さい。

4D超音波検査のみでの受診方法

H26年5月より他の病院で妊婦健診を受けている方でもお電話で予約(木曜日午後のみ)頂く事で、検査技師による4D超音波を行うようにいたしました。赤ちゃんの発育や状態をみる胎児診断等(性別判断を含む)は行えませんのでご了承下さい。一回の撮影時間は15分程度です。写真は白黒のものであれば無料でお渡ししておりますが、画面と同じようなオレンジのカラー写真は有料となり1枚200円となります。
4D超音波を見るのに適しているのは妊娠20週~30週頃です。

4D超音波を見るのに適していない場合
  • 胎盤の位置(胎盤が妊婦さんのお腹側についている)
  • 赤ちゃんの体勢(赤ちゃんが後ろを向いている。赤ちゃんがお腹側から遠い位置にいる)
  • 妊婦さんの皮下脂肪が厚い
  • 羊水が少ない

妊娠35週以降の4D超音波はとても見えづらくなるので基本的には行っておりません。

4D超音波 6,480円、カラー写真代 1枚 200円、SDカード 1枚 2,700円

関連するよくある質問