婦人科

月経異常・不正出血

生理痛(月経痛)がつらい

 

強い生理痛がある場合は子宮内膜症という病気の可能性があります。子宮内膜症は不妊症の原因や卵巣がんの原因となる場合がありますので、定期的な検査や治療が必要となります。子宮内膜症でなくても漢方薬の服用で生理痛が楽になる方や経口避妊薬(ピル)を内服して楽になる方もいます。生理痛がつらい方は一度ご来院ください。

生理痛についてのホームページ: 「おしえて生理痛」
子宮内膜症についてのホームページ: 「子宮内膜症」

月経量が多い(過多月経)

 

子宮筋腫や子宮内膜ポリープがあると生理の量が多くなります。また、子宮筋腫等の理由がなく月経量が多い方もいます。子宮筋腫や子宮内膜ポリープで生理の量が増えている場合は手術が必要ですが、それ以外の場合は、 ホルモン剤を内服したり、ホルモンがついている器具を子宮内に挿入することで月経量を減らすことができます。

月経不順・無月経

 

精神的なストレスがあったり、体調不良があると月経が来なくなったり、不順になったりします。月経が不順になった場合は、まず基礎体温表をつけることをお勧めします。(「基礎体温のはかり方はこちらへ」 ) また、甲状腺の病気やプロラクチンというホルモンが高くなっても月経不順が起こります。一度だけ月経が来ないような場合は、妊娠していなければホルモン剤の内服して月経を起こします。月経がいつも遅れるようであれば、超音波や採血を行い原因を調べます。

不正性器出血

 

不正性器出血には、排卵期出血や子宮頚部のポリープなど様々な原因がありますが、子宮がんの症状でもあります。癌検診を受けられていない方や閉経後に不正性器出血がある方は早めの産婦人科受診をお勧めいたします。子宮頸がん検診はできませんが、出血中でも診察可能ですので来院をお願いいたします。

関連するよくある質問