ご案内

理念・ごあいさつ

ごあいさつ

当クリニックは、昭和24年に私の祖父が足立区長門町(現中川町)で開業し、地域の皆さま方の医療にたずさわってきました。時代とともに医療事情は変化し、当クリニックも救急指定であった長門病院から長門クリニックへ診療形態を変え現在に至っております。

現在、長門クリニックは地域の皆さまが安心して分娩できるように産婦人科を中心としたクリニックとしてリニューアルし平成20年3月より分娩を再開いたしました。妊娠初期から分娩、乳児健診まで安心して受診していただけるように質の高い医療を提供していきたいと考えております。

今後もスタッフ一丸となって、皆様の健康に関わっていきたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。

クリニック概要

スタッフ
理事長・院長 渡邉秀樹
スタッフ
常勤医師 3名 (産婦人科医師2名 小児科医師1名)
常勤助産師 14名
パート助産師 1名(週1回以上勤務)
常勤看護師 5名
パート看護師 0名(週1回以上勤務)
施設
病床 12床(内個室10床)
陣痛室 2部屋
分娩室 1部屋
手術分娩室 1部屋
無料駐車場 13台
設備
電子カルテシステム、インターネット予約システム 導入
超音波 3台(4D超音波 1台)
分娩監視装置  5台
新生児保育器 1台
新生児搬送用保育器 1台
麻酔器 1台
AED 1台
生体モニター 2台
新生児無呼吸モニター 10台