婦人科

避妊

避妊の方法には、コンドーム、緊急避妊(モーニングアフターピル)、経口避妊薬(ピル)、子宮内避妊器具、卵管結紮術などがあります。それぞれにメリットとデメリットがあります。

緊急避妊・モーニングアフターピル

コンドームが破けたりして避妊に失敗してしまった場合でも、女性ホルモンを内服することによって妊娠しづらくすることが出来ます(97~98%程度妊娠を防ぐことが出来ます)。性交後72時間(3日)以内に女性ホルモンの内服を開始します。内服開始が早いほうが避妊効果は高いです。避妊効果が100%ではないことと、ピルと比較すると女性ホルモンの量が多く副作用として吐き気が出ることが多いことが難点です。吐き気の副作用がすくないノルレボも扱っております。
当クリニックでは問診を行いお薬を処方しています。問診で異常がなければ内診等は行っておりません。同時に検査等をご希望の方は申し出てください。
料金(初診料込み):
プラノバール 6,110円(税込)
ノルレボ    15,660円(税込)

経口避妊薬(ピル)

現在、低用量経口避妊薬は安全で効果的な避妊法として世界中で使用されています。きちんと内服すれば避妊効果は99%以上です。ピルを飲み始めると、頭痛・吐気・乳房の張り・不正出血などが起こることがありますが、慣れるにしたがって、それらの症状は落ち着いてきます。月経の初日(又は月経が始まった最初の日曜日)から内服を始めます。
【ピルのメリット】
いつでも中止することができます。内服するのをやめると妊娠可能となります。
月経の量が少なくなり、月経痛が軽快する場合があります。
子宮体癌・卵巣癌のリスクが低下します。

【ピルが向かない人】
毎日お薬が飲めない方(または飲み忘れてしまう方)
35歳以上でタバコを吸う方
乳育児をしている方
乳癌既往の方
片頭痛の方
高血圧症の方
心臓に病気がある方
肝臓に病気がある方
糖尿病の方
てんかんの方

【ピルの副作用】
出血性脳卒中、静脈血栓塞栓症、子宮頚癌のリスクが極わずかですが上昇します。

【1ヶ月のピルのお薬代】
1ヶ月のピルのお薬代は2,600円(税込)です。
その他に初診時のみ診察料(4,320円税込)とその後6か月に1度血液検査料がかかります。

子宮内避妊器具(IUD)

子宮の中に器具を挿入することによって妊娠しないようにします。当クリニックでは銅付加IUD(ノバT380)や 黄体ホルモン付加IUD(ミレーナ)を使用しております。銅付加IUDや黄体ホルモン付加IUDは従来のIUDに比べ、より確実な避妊効果が得られます。IUDは月経開始から7日以内に挿入いたしますので、その時期に来院していただけると受診日当日に行うことができます。
【IUDのメリット】
一度挿入するとそれ以後は5年毎の交換となるので、ピルのように毎日お薬を内服する必要がありません。
妊娠を希望される場合にはいつでも抜くことができ妊娠可能となります(交換していないと簡単に抜くことが出来ない場合があります)。
高血圧など内科的な病気がある場合にも挿入することが可能です。

【IUDの副作用・デメリット】
子宮筋腫など子宮に病気がある場合には挿入することができません。
人によっては生理の量が増えたり、生理痛が強くなったりします。(約2~3%の方が生理痛のために2年間の間に中止しています。)
自然に抜けてしまう場合があります(約1%)。
お腹の中に炎症を起こしてしまうことが稀に(1%以下)あります。
分娩経験のない方の場合、子宮の中に挿入することが難しい場合があります。(分娩経験のない方のIUD挿入は特別の理由がある方のみ行っております。)

【IUD装着料】
IUD装着料(銅付加IUD、ノバT380) 32,400円(税込)
IUD装着料(ミレーナ)  59,400円(税込)

その他に診察料(初診6,480円税込)がかかります。

人工妊娠中絶取扱い中止について

分娩予約が多くなってきたため、人工妊娠中絶の方のお部屋を確保できなくなりました。平成23年12月1日から人工妊娠中絶の取り扱いを中止することにいたしました。ご迷惑をおかけいたしますが、よろしくお願いいたします。

緊急避妊とは

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。これは、ほとんどの女性にとって有効で安全な方法です。
緊急避妊ピルは、72時間以内にできるだけ速やかに服用するようにします。緊急避妊ピルには2種類の内服方法があります。WHOはノルレボを推奨していますが、値段が高いので、当院ではノルレボ又はヤッペ法を選んでもらっています。

ノルレボ
妊娠率:1.59%
妊娠阻止率:81%
内服方法:2錠のピルを1回のみ服用します
副作用:ヤッペ法に比べると副作用の頻度が少ないです。
医薬品副作用被害救済制度の適応となります
当院での費用 15,000円

ヤッペ法
妊娠率:2.6%
妊娠阻止率:57~78%
内服方法:4錠のピル(プラノバール)を2錠ずつ12時間おきに2回服用します
副作用:吐き気が約半数程度の人におこります
医薬品副作用被害救済制度の適応となりません
当院での費用 5,710円

妊娠率 :処方された人で実際妊娠した率
妊娠阻止率 :月経周期を考慮し妊娠を阻止したと考えられる率

緊急避妊のQ&A

Q1.緊急避妊とは何ですか?

緊急避妊とは、あなたが避妊をしないでセックスしてしまったとか、コンドームが破けるなど避妊の失敗が起こったなどの場合に、妊娠を防止するという方法です。
その最も一般的な方法が、緊急避妊ピルと呼ばれるものです。時には、子宮内避妊具も使用されることがあります。
すべての緊急避妊法は、無防備なセックスが行われた後、数日以内に行われなければなりません。これは、ほとんどの女性にとって有効で安全な方法です。

Q2.緊急避妊ピルの成分は何?

緊急避妊ピルとは、避妊目的で使用する経口避妊薬と同様なホルモン剤です。もちろん、同じ使い方ではなく、緊急避妊ピルとしての独特な使われ方をします。

Q3.どうして、緊急避妊ができるのですか?

あなたの月経周期のどの時期に、緊急避妊ピルが服用されたかによって作用の仕方が異なりますが、例えば排卵を抑制する、受精を妨げる、子宮への受精卵の着床を阻止するなどが考えられます。妊娠の成立とは、受精卵が子宮内膜に着床することを言うのですから、いったん着床してしまったら、すなわち妊娠が成立した場合には、緊急避妊ピルが無効であることはいうまでもありません。

Q4.いつ緊急避妊ピルを服用するのですか?

緊急避妊ピルは、無防備なセックスが行われた72時間以内(3日以内)に服用しなければなりません。

Q5.緊急避妊ピルを服用することで、どの程度の効果があるのですか?

緊急避妊ピルは妊娠を防止しますが、100%というわけではなく、数%に妊娠が起こることもあります。仮に、緊急避妊ピルが頻繁に使用されたとしても、経口避妊薬を避妊目的で継続的に使用している女性に比べて妊娠率はかなり高くなります。

Q6.緊急避妊ピルは安全ですか?

世界では、1970年代の半ば頃より、緊急避妊ピルを使用してきました。少ないとはいえ、出血、頭痛、悪心などの副作用が現れることがあります。経口避妊薬についても同様ですが、服用してはいけない人や慎重に使用した方がよい人がいますので、不安な方は、処方される医師にお尋ね下さい。

Q7.緊急避妊ピルの副作用とは?

緊急避妊ピルを服用しますと、一時的ですが気持ちが悪くなったり、吐いたりする場合があります。時には、頭痛、めまい、腹痛、乳房緊満などが起こることもあります。ただし、これらの副作用は24時間以上継続することはありません。

Q8.緊急避妊ピル服用後、注意すべきことがありますか?

緊急避妊ピル服用後、無防備なセックスが行われた場合、そのセックスによる妊娠を防止することはできません。妊娠を避けたいというのであれば、適切な避妊法の使用を考えて下さい。
緊急避妊ピルが本当に効いたかどうかは、服用後すぐにわかるわけではありません。不正性器出血や妊娠初期の出血を月経と区別できない場合もありますので、処方された医師の指示によって再来院してください。

Q9.緊急避妊ピルを服用して妊娠した場合に赤ちゃんに影響は?

生まれた赤ちゃんに異常があったという報告は現時点ではありません。

Q10.どのように緊急避妊ピルを服用するのですか?

無防備なセックスが行われた後、72時間以内にできるだけ速やかに服用して下さい。72時間(3日)が既に経過していた場合、緊急避妊ピルの服用は十分な効果を期待できません。他の方法(例えば、5日以内であれば子宮内避妊具を挿入する)について、医師と相談して下さい。緊急避妊ピル服用後2時間以内に吐いてしまった場合、医師に相談して下さい。時には追加して服用する必要があります。ピル服用後2時間を経過しての嘔吐であれば心配はいりません。

Q11.緊急避妊と性感染症の関係について教えて下さい。

緊急避妊ピルと子宮内避妊具は、どちらもエイズを始めとした性感染症(例えば梅毒、淋病、クラミジア、ヘルペス)を予防することはできません。あなたがエイズや他の性感染症に感染していないかどうかお悩みでしたら、どうしたら性感染症を防げるのか、どのような治療法があるかについて、担当医にお尋ね下さい。

人工妊娠中絶

人工妊娠中絶は、当院で行っておりません。

関連するよくある質問